強運なステキ美女になる方法

姓名判断、九星気学、四柱推命、お店&商品紹介、カフェ・美術館巡り、お花、ビジネスなど、強運で自立した大人のステキ美女になるための試行錯誤の日記

2021年の凶方位(三大凶殺) 引っ越し&旅行にご注意!

こんにちは、若美貴桜です(*^^*)

 

年は明けましたが、九星気学では節分が年の切り替えとなっております。

そのため、この記事の内容は、

2021年2月3日(今年は23:59)から2022年2月3日まで適用されます。

 

f:id:surusumi1211:20190326042943j:plain

 

また、立春の2月3日午前0時を迎えた瞬間、スパッと切り替わるものではありません(今年の切り替えは23:59ですし、切り替えは、実質4日からと考えてもよいかもしれません)。

季節がゆっくり移ろうのと同様に、節分前から徐々に変わっていきますので、

1月下旬からは注意したほうがよろしいかと思います。

 

きょうは、九星気学の見地から、お引越しや旅行の際に重要な

「2021年、絶対に避けたい凶方位(三大凶殺)」についてお話したいと思います。

 


 

南東(五黄殺)方位


自宅から見て南東方位は、2021年は絶対に避けたい方位。ワースト1位です。

2番目と3番目の方角同様、これは、2021年、全人類にとっての大凶方位です。

 

五黄殺は「物事が腐敗する」方位です。

すべての物事が腐っていき、最悪の災いをもたらすといわれています。

しかも、自分の内側から腐っていったり(病気になる)、自分が原因で災難が起こるといわれています。

 

人間関係の悪化
健康を害する
悪評がでる
など。

 

それも、最初は効力を感じないけれど、真綿で首を絞めるがごとく、ジワジワと凶作用が起こってくるので、気づきにくいということがあります。こわいです。

 

そして、その凶作用は長くて60年も続くといいます。

決して侮ってはいけない方位です。

 

一番の対処法は、五黄殺(2021年は南東)に引っ越し&旅行(特に長期・長距離旅行)しないこと。

これに尽きます。

 

北西(暗剣殺)方位


文字通り「暗闇から剣が出てくる」方位で、

想定外のトラブルに見舞われる可能性があります。

 

凶作用の威力については、五黄殺と拮抗するほどですが、

五黄殺と違うのは、病気より事故の可能性が高いということです。

まさに暗闇から剣で、突発的な事故に見舞われます。

 

実は、私も数年前に暗剣殺方位に引っ越し、

命を奪われたかもしれないレベルの事故に3回も遭遇しました。

決して侮ってはいけません。

 

2021年、全人類にとって北西は大凶。

北西への引っ越しと旅行は避けましょう。

 

南南西(歳破)方位


「破」とついているので、何となく想像がつくかもしれませんが、「何事も破れる」という方位です。

 

「何事も目的が破壊されてしまう」ことを意味する方位なので、目指していたことができなくなったりしやすいです。

南寄り30度の南西の方角も今年は避けましょう。

 

以上、2021年にお引越し&旅行で避けたい三大凶方位でした☆

 

お引越し&旅行される方で、開運したい方は、ぜひとも吉の方位にしましょう!

 

それではまた✨